wordpressの便利ツールメモ

記事内でphpコードを記述できるプラグイン

プラグイン「PHP Everywhere」をインストール・有効化する

ブロック追加の検索にphpと入れ、PHP Everywhereを選択する。

ブロック内に記述すると、php出力が可能になる。

<?php
echo "Hello World!";
?>

シンプルな表のプラグイン

プラグイン「Flexible Table Block」をインストール・有効化する

ブロックエディタから「Flexible Table」を呼び出して挿入する。

特定のページに、ヘッダーやフッターを追加するプラグイン

プラグイン「Header Footer Code Manager」をインストール・有効化する。

HFCMメニューから、「Add New」

Snippet Name:自分が理解できる名前。

Snippet Type:「HTML」「CSS」「JavaScript」の中から選択する。

Site Display:反映させたいページの種類。

  • Site Wide:サイト全体
  • Specific Posts:特定の投稿
  • Specific Pages:特定の固定ページ
  • Specific Categories(Archive & Posts) :特定のカテゴリー
  • Specific Post Type(Archive & Posts):特定の投稿タイプ
  • Specific Tags(Archive Posts):特定のタグ
  • Latest Posts:最新の投稿
  • Shortcode Only:ショートコードのみ

Page List:上で選んだ種類のページを選択できる。複数選択可。

Location:

  • Header:<HEAD>タグの中
  • Before Content:<BODY>タグの直後
  • After Content:</BODY>タグの直前
  • Footer:</FOOTER>タグの後ろ

Device Display:反映させたいデバイス。

  • Show on All Device:すべてのデバイス
  • Only Desktop:デスクトップのみ
  • Only Mobile Devices:モバイル端末のみ

Status:オンかオフか。(Activeでオン、Inactiveでオフ)

ファビコンの指定。

<link rel="apple-touch-icon" href="xxxfavicon.png" />
<link rel="icon" type="image/png" href="xxxfavicon.png" />

 CSSの指定。

<link rel="stylesheet" href="xxxCss.css">

サイトマップを作成するプラグイン

プラグイン「WP Sitemap Page」をインストール・有効化する。

記事の表示方式:<a href=”{permalink}”>{title}</a>(初期設定のまま)

複数表示:記事が複数のカテゴリーに属する場合に、それぞれのカテゴリーで表示する場合はチェックする。

除外するページ:0011,0022,0033(ログイン状態で、除外したいページのアドレスの「post=0011」の数字の部分。コンマ区切り)

除外するカスタム投稿タイプ:初期設定では、アーカイブと著者にチェック。

固定ページを作成し、タイトルを「サイトマップ」。

記事内にショートコードの[]内に、「wp_sitemap_page」の文字をそのまま入れる。

PythonとAmazon Product Advertising APIでアフィリエイトリンク作成

PythonとAmazon Product Advertising APIでアフィリエイトリンク作成|dot blog
Python3とAmazon Product Advertising APIを利用してアマゾンアソシエイトのアフィリエイトリンクを自動生成するコードを作ってみました。APIを利用してXMLデータを取得するまでの基本的な解説やレスポンス要素の一覧表などをつけています。

ファイルをアップロードするプラグイン

アクセス数等の統計分析のプラグイン

サイトマップのプラグイン

プラスボタンでテキストが開くプラグイン

ファビコンを設定するプラグイン

ショートコードを作成するプラグイン